スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ゆっこ
 
[スポンサー広告
いつの間にやら2011年
相変わらずのパターン。
いつの間にか2011年になっているっていうね。

「もう」なのか「まだ」なのか
4月も半ばです。

そして約1ヶ月前には巨大地震というものが
日本を襲いました。
たまたまアメリカ時間の朝方4時頃起きた私。
妹からのメールを見て、
「あ。もうみんな死んじゃったかもしれない。」
なんて思ってしまいました。
ちゃんと家族や友達は無事でしたが。
テレビをつけるとアメリカのニュース番組もすでに
地震について、津波について、原発について
あっちでもこっちでも延々と流していました。
最初に見たあの津波の映像は今でも忘れられない。
逃げている暇なんて、これっぽっちもないほどのスピードで
燃え盛る家など関係なしに住宅・車・船、そして人々を
飲み込んでいく映像。

ショックが大き過ぎた。
アメリカにいると状況がリアルタイムに入ってこない。
心配で全然眠れなかった。
今でも気持ちの浮き沈みがある。
映像を見ると感傷的になる。
1人になるのが怖かったりもする。
いつも「死」と隣り合わせな気がして怖い。


LV時代のルームメイトで今は同じFLにいるSちゃん。
LVにいるときは、なんとなく合わないと思っていたけど
FLにきて大分変わった。お互い成長したのかな。
きっと、頼れる友達が1人っていうのもあったかもしれないけど。
でも、彼女はここに来てから何でも話せる友達になった。
そんな彼女も仕事を終えて日本へ帰ります。
その前にLVとSFの小旅行に一緒に行きますが。


生活環境にしろ、友達にしろ、何にしろ、
今まで当たり前だと思っていることが当たり前じゃなくなったとき、
本当の意味・有り難さ・大切さを実感する。

今、私はいろんなことが重なって不安でしかたない。
こんな時に心の支えが近くにいてくれたらって思う。


1~3月クールの月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の
最終回でステキな言葉があった。

「自分が幸せだと思う瞬間、大切な人が隣にいて、
それを共有できることが、「幸せ」なんだ。」

当たり前の幸せは、実は当たり前じゃないんですね。


今、妹もちょうど遊びに来ています。
妹が来るのもすごく楽しみだったし、
旅行もすごく楽しみだったけど、それが終わるのが寂しい。

もう最近、気持ちが不安定ですぐ泣くし。
一時期「うつ」になってた頃をを思い出す。
それとは、何かが違う気もするけれど
辛いです。ただ、それだけ。
なんか心が休まらないっていうんでしょうか。

今も書いていてぐちゃぐちゃ。
何を書きたいかわからなくなるし、
書いていることもめちゃめちゃ。
もともと起承転結で書くの得意じゃないのに
余計にこれだから、もっと大変。
あとで読み返したときに、「何じゃこれ?」ってなるな。


時は戻らない。
ひたすら流れていくのみ。
目一杯生きるしかないのかな。

いいこと、あるといいな。


スポンサーサイト
Posted by ゆっこ
comment:0   trackback:0
[US生活
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kirakirayk87.blog25.fc2.com/tb.php/165-ec31c33f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。